事例のご紹介

マンションの個人間売買をしたいが、どのように進めれば良いかわからない

マンションの個人間売買をしたいが、どのように進めていけば良いかわかりません。 お客様からのご相談内容 転勤に伴い、他地域で働いている知人が所有しているマンションの買取を検討しています。個人同士... → 詳しく読む

個人間売買が理由で銀行から融資を断られたケース

売主・買主間で話はまとまっているが、銀行が業者を挟んでほしいと言われて困っています(東京都町田市・U様) U様は賃貸契約で居住中の築20年の一戸建て住宅を、家主から直接買うことを検討されていまし... → 詳しく読む

兄弟名義で所有中の物件を知人に売りたい

お父様より相続を受け、兄弟で共同所有していた物件を、お父様の知人の方が購入の意思を示してきたことに伴い、個人間売買を行うことに。Eプランをご利用いただき、契約書作成・売却価格のアドバイス・名義変更のお手続き・各種物件調査・住宅ローンの契約で使用する重要事項説明書の作成などを当社で担当いたしました。 → 詳しく読む

家が建てられない土地でお困りだったケース

再建築不可の土地をお持ちのE様。そのままの土地では家を建てられないことが分かりました。そこで、隣地の所有者様と交渉を行い、土地の一部を直接売ってもらえることになりました。また、今後も円満な関係を続けるために、当社へ契約書の作成をご依頼いただき、今も良いご近所づきあいを築けているそうです。 → 詳しく読む

居住中の借地を地主様より買い取ったケース

借地にお住まいのS様は、お子様の将来のことも考え、その土地を地主様から買い取ることをご希望されていました。お話は双方で既に合意に至っておりましたので、当社では契約書の作成と、進行上のご相談役としてサポートいたしました。 → 詳しく読む

離婚に伴い、マンションの持分を売買したケース

離婚に伴い、マンションの持分を個人間売買したケース 離婚をきっかけに不動産を整理したいというご相談は多いです。ご主人様と奥様の意向が合致していれば、資産の整理もスムーズに行えますが、片方... → 詳しく読む

相続した空家を知人に売却したケース

現在、使われていない不動産をお持ちの方。実はとても多いです。N様のケースもご両親の相続で土地と建物を所有されていましたが、別に一戸建て住宅を既に購入されていたので、長年未使用の状態でした。しかし、ご近所の方からのご希望で個人間売買をすることに。これからも良い関係を築いていきたいので、当社で契約書を作成いたしました。 → 詳しく読む

相続で得た不動産を親族間で売買したケース

お父様が所有されていた土地を4名で相続。しかし、その内3名様はすでに住居があるため、使用用途がありませんでした。そこで、この3名様が住居を所有されていなかったM様へ個人間売買を行うことに。当社では、相続人様同士はもちろん、この先の代になっても問題が起きないよう、契約書の作成を担当いたしました。 → 詳しく読む

相続で得た不動産を知人へ売却

相続で得た不動産を知人へ売却したケース 不動産を所有されている方は、必ずしも所有する不動産の近くにいらっしゃるとは限りません。遠方の方と個人売買を行う場合、距離が離れている分、しっかりとした契約書を... → 詳しく読む

隣の家同士で売買を行ったケース

お隣同士にお住まいのA様とB様。実はお互いの雨樋が越境していたりと、見た目上は敷地が曖昧になっている状態でした。現在の関係は良好ですが、将来、お子様同士が揉めてしまうような事態は招きたくありません。そこで、B様の住居の建て直しを機に、50cm分だけをA様に買い取ってもらうことに。当社では契約書作成・分筆登記・測量のサポートを担当いたしました。 → 詳しく読む

ご両親から土地を買うケース

個人売買を行うケースで親子間での売買も多くあります。しかし、ここで注意が必要です。もし、ご両親様が事前に契約書を設けない状態で、ご家族のうち一名だけに売った場合、相続の際に親族間で揉めてしまう可能性があります。ここではトラブルを防ぐためにご用意した契約書作成のケースをご紹介します。 → 詳しく読む

相続を考慮した親子間売買のケース

相続問題を考慮した親子間売買のケース 当社では親子間での売買を行うケースも多いです。ここでは、二世帯住宅で同居されているお客様の事例をご紹介いたします。 二世帯住宅で同居中の親子間売買 新築... → 詳しく読む

自営業の悪化による親子間売買のケース

自営業の悪化による親子間売買のケース 自営業を行っているご夫婦がいらっしゃいました。昨今の不景気の影響で自営業での生計も厳しい状況となり、だんだんとローンの返済もできない状況になってきました。 ... → 詳しく読む

1/11