マンションの個人間売買をしたいが、どのように進めていけば良いかわかりません。

お客様からのご相談内容

転勤に伴い、他地域で働いている知人が所有しているマンションの買取を検討しています。個人同士の取引なので、何をどのように進行すれば良いかまったくわからず、困っています。

当人同士で価格の折り合いはついているので、銀行へ融資の相談へは行きましたが、審査のための契約書と重要事項説明書が必須であると言われてしまいました。また、知人は現在遠く離れた地域で働いているため、取引にあたり頻繁に顔を合わせることはできません。

銀行融資が一番の難関。是非プロの私達におまかせください。

不動産の取引はお金のことはもちろん、登記の変更など特殊な手続きごとが多く、不動産に熟知していない人でいない限り、「正しい」知識を持ち合わせていません。

昨今、WEBでは様々な情報が広がっていますが、不動産取引はケースによって行うべき事が異なり、お客様のご状況/物件のご状況を分析することで、はじめてお客様にとっての「正しい」お取り引きを遂行することが出来ます。

もし、誤った情報を信じ込んで、話を進めてしまった場合は、先々思わぬトラブルが生じてしまう可能性も否めません。

中でも住宅ローンについては最難関です。個人間売買では、銀行が融資を受け付けない事がほとんどですので、お客様ご自身で銀行に出向いても、「不動産屋さんに契約書と重要事項説明書を作成してもらってください」と断られてしまうのですが、中でも重要事項説明書は、不動産仲介業者のみが作成できる特別な書面であり、また、すぐに発行してお客様に手渡しできるような書類ではございません。

銀行は誰にでも、どのような理由であっても、融資を受け付けてくれるわけではなく、クリーンな人・取引でない限り、融資の提供は行いません。

よく考えれば、当たり前のことなのですが、日常生活においても、いきなり身元も明かさず、知らない人から「お金を貸してください」と言われても、疑いの目で見てしまいますよね。

住宅ローンも同様で、融資の担保となる不動産の現況がどのような状態であるかを不動産の専門家である私達が「重要事項説明書」の中で明らかにし、お客様が行うお取り引きの正当性を伝える大切な書類なのです。

もしも、担保である不動産に大きな欠陥があるにも関わらず、それを隠して融資を提供してしまった場合、不動産の価値は銀行の見込みよりも大幅に下がり、大きな損害が生じてしまいます。

そのため、銀行側の損害を防ぐためにも、不動産の価値を証明することを目的として、不動産のプロが間に入ってほしいと考えるわけです。

住宅ローンを含め、個人間売買の全面サポートもいたします

私達は個人間売買のお取り引きでも銀行ローンをご利用いただけるよう、一般の売買仲介と同等の重要事項説明書の作成をいたします。重要事項説明書の作成を行うおまかせ仲介プラン(Eプラン)では、通常の売買仲介手数料に比べ、ぐんとオトクな手数料でローンの申請はもちろん、あらゆる調査についても全方位的にサポートいたします。

また、お取り引きするお相手が遠方にお住まいであっても、様々な方法を駆使してストレスなく進行できる体制が整っています。最近は海外在住のお客様からのご相談も多いのですが、問題なく承っております。

ご心配事が多々お有りかと思いますが、まずは一度ご相談くださいませ。専門のアドバイザーがわかりやすい言葉でひとつひとつご案内差し上げます。

住宅ローンのご利用が可能なプランはこちら

Eプラン
おまかせ仲介プラン(住宅ローンご利用可)

関連記事