Q.知人に一定期間、賃貸で住んでもらい、気に入ったら個人間売買してもらう事は出来ますか?

A.試しに住んでもらった上で買い取ってもらうことも問題ありません。

img_rent_01

お知り合いの方にまずはお試しで住んでもらって、気に入ってもらえたら購入してもらうことは可能です。法律等でも全く問題ありませんし、お知り合いの方が住み心地や周辺の環境を知って納得していただいた上で購入となることは、購入後に「こんな状況とは知らなかった…」という問題も回避できるメリットもあるでしょう。

ただし、賃貸で住んでいる時に賃貸借契約、購入して住む時に売買契約と、それぞれ賃貸借契約書と売買契約書を適切に締結することをお勧めします。知人とは言え、どちらもお金が絡むことになります。できるだけ約束事や状況等を明確に書類で残しておくことで、後々にご友人との関係性が壊れたりすることを回避することができるでしょう。

賃貸に出す場合も契約書は用意しておきましょう。

お客様所有の不動産を一定期間、お知り合いに賃貸へ出す場合も契約書を用意しておくことをおすすめいたします。

もしも、契約書を用意しない場合、例えば以下のようなトラブルが起こりうる可能性があります。

などのトラブルや意見の相違も予想されます。

上記に述べたことは「そんな簡単なことで揉めるはずがない」と思われるかもしれません。しかし、些細なことがうやむやになっていることがキッカケで、人間関係がこじれてしまい、大きなトラブルへ発展する可能性を秘めています。

仲が良い知人であればあるほど曖昧にしたくなりますし、契約書を結ぶことを言い出すのに抵抗があるかもしれません。しかし、後々で決めごとの食い違いが発生しないためにも、契約書で確認し合った上で貸し借りを行うのが良いでしょう。

定期借家契約で契約を結ぶこともおすすめです。

1〜2ヶ月住んでもらった後、購入の見送りの返答をもらうケースもあるでしょう。その場合、すぐに他の人に売ることも考えているのであれば、定期借家契約を結ぶことをお勧めします。なぜなら、普通の賃貸借契約では、契約期間が満了しても自動更新となり、一般的に貸主の都合で立ち退いてもらうことは難しい契約となるからです。

しかし、定期借家契約であれば、契約を結ぶ時点で契約期間を定め、それ以降は自動更新等はなく明け渡しとなりますので確実に次のステップに移ることができます。

お試しで住んでもらった結果、住宅を気に入ってもらった場合も、賃貸借契約書とは別に売買契約書を結ぶのも忘れずに行いましょう。売買契約書も売り主様と買い主様で決められた取引内容を記した重要な契約書となります。賃貸借契約書よりも金額も大きい取引になりますので、何らかのトラブルがあった時の被害も大きいです。

お互い悪気がなかったとしても、双方の勘違いなどで意見の食い違いにつながることもあります。契約書で事前に決めた内容が記されていれば、勘違いだったで済み、問題にならずに納得できるケースも多いです。また、最悪のケースとして訴訟に発生した場合も契約書を交わしているかどうかも、ご自身を守るためには必要になります。しっかりと契約書を結んで、お互い気持ちの良い取引になるようにしたいです。

不動産の売買契約書は、物件の面積や築年数、引き渡しの日など細かな部分についても記載して結ぶことになります。契約書を結ぶだけでなく、物件の調査や状況に応じた契約書でなければ売買契約書の効果も薄れてしまいます。

弊社が提供するサービスには、契約書の作成だけでなく物件調査や測量の手配等も含んだ5つのプランとオプションを用意しています。安価な29,800円からご提供しておりますので、無用なトラブルを回避するためにもぜひご利用くださいませ。

契約書作成が可能なプランはこちら

Aプラン
契約書作成プラン
Bプラン
契約サポートプラン(測量・登記含)
Cプラン
契約書類サポートプラン for マンション(測量・物件調査・登記含)
Dプラン
契約書類サポートプラン for 土地・戸建・建物<(測量・物件調査・登記含)
Eプラン
おまかせ仲介プラン・定額制(住宅ローンサポート・測量・物件調査・登記含)

関連記事