専任契約で売却中の不動産を個人間売買することは可能ですか?

はい。可能です。専任契約中の物件もご相談ください。

専任契約で売却中の不動産を個人間売買することは可能ですか?<

専任契約中の物件に関し、以下のようなご質問を頂戴しましたのでご紹介いたします。

ご近所の知り合いと個人間売買にて不動産を購入したいのですが、売主様が不動産会社と専任契約を締結し販売中との事でした。

その物件は、不動産会社から紹介された訳ではなく、知り合いとの話の中で、所有中の物件を売りに出していること事が分かり、私が買いたいという経緯があります。

せっかくなので知り合いと直接取引で物件を購入し、仲介手数料を節約したいのですが、不動産会社を断ることは可能なのでしょうか?あるいは、専任契約を結んでいる以上、必ず不動産会社を通して取引をしないといけないのでしょうか?

専任媒介契約と一般媒介契約の場合、自ら発見した相手方と売買又は交換の契約を締結することができます。

売主様が専属専任媒介契約を締結していれば、業務について誠実に遂行する義務に違反したときを除き契約の解除をすることは出来ませんし、自ら発見した相手方と売買又は交換の契約を締結することができません。

しかし専任媒介契約と一般媒介契約の場合は、自ら発見した相手方と売買又は交換の契約を締結することができます。条項の中では、

第12条(自ら発見した相手方と契約しようとする場合の通知)

甲は、専任媒介契約の有効期間内に、自ら発見した相手方と目的物件の売買又は交換の契約を締結しようとするときは、乙に対して、その旨を通知しなければなりません。

とあり、専任業者への通知が必要とあります。

通知をせずに媒介契約の有効期間内において、勝手に契約をしてしまうと違約金を請求される可能性はあります。したがって、通知をして媒介契約を解除してもらい、それから契約をしなければなりません。

あくまでも自己発見取引となりますので、知り合いであってもその不動産会社から紹介された物件であれば自己発見取引とはなりませんので、くれぐれもご注意ください。

またその際に、広告費を請求されるのではとご質問も受けますが、

第9条(特別依頼に係る費用)

甲が乙に特別に依頼した広告の料金又は遠隔地への出張旅費は甲の負担とし、甲は、乙の請求に基づいて、その実費を支払わなければなりません。

とあり、売主様が専任業者に対して特別に依頼をした広告についてのみ請求の対象となり、専任業者が通常に行う広告活動に関しては請求の対象となりません。

自己発見取引は非常にデリケートな問題でもありますので、ご自身で判断されることはおすすめいたしません。まずはプロの私たちに是非ご相談ください。


関連記事