Q.契約書は必ず用意しなければいけませんか?

A.契約書作成は必至ではありません。

img_must_01

不動産を個人間で売買する場合、契約書作成が必要ではありません。法的に定められてもいませんし、契約書を作成しないまま取引をする方もいらっしゃいます。

しかし、不動産に関する知識が不十分な方同士のお取引は、トラブルが起きやすいのも事実です。また、そのトラブルの多くは

など、想定外の出来事によって引き起こされます。

契約書がないことで起きる可能性があるトラブル例

img_must_02

この時に売買の内容を書面で契約書として取り交わしておけば、後々のトラブル回避に役立つ事でしょう。

売主と買主双方にとって、契約書の作成はお互いの利益を守る為、トラブル回避の為には常識となっています。

信用・信頼していた人と誤解・錯誤・勘違い・思い込み等によるトラブルは大変怖い事です。

そういう状況にならない為にも契約書を作成しておく事をおすすめします。


関連記事