Q.個人間売買でも住宅ローンを組めますか?

A.当社がお客様と銀行の間に入り、契約を結ぶ場合は住宅ローンのご利用が可能です。

img_promise_01

当社へご相談されるお客様は、「おまかせ仲介プラン」をお選びいただくことで、住宅ローンのご利用が可能です。

しかし、ご自身で銀行に相談に行かれた場合は融資を断られてしまうケースがほとんどです。

この理由は、「不動産売買契約書」と「重要事項説明書」の二点の書類を提出することを条件に、住宅ローンを提供している銀行が多いためです。

特に重要事項説明書は不動産仲介業者だけが作成できる書類となり、お客様ご自身で用意することができません。

重要事項説明書とは

重要事項説明書は、売買を行う不動産(一戸建て・マンション・土地・建物)の現況と取り引き内容が記載されている書類で、住宅ローンを提供する銀行に対し、「重要事項説明」をする際に提出します。

通常、銀行は住宅ローンを提供する際の条件として、重要事項説明書を求めます。

また、重要事項説明書は宅建資格保有の業者でなければ作る事ができません。したがって、個人のお客様ご自身で揃えることが出来ない書類となります。

なぜ、銀行は、住宅ローンを提供する際、不動産売買契約書や重要事項説明書を求めてくるのでしょうか。それは、銀行はお客様との契約の際に、不動産業者に入ってほしいと考えているからです。

銀行が住宅ローン提供の際に、不動産業者の仲介を重要視する理由

以上、3つの側面があると考えられます。

不動産業者が仲介しないことは、銀行にとって「大きなリスク」

金融機関はお金を貸す代わりに、万が一の担保として、不動産に抵当権を付けます。その担保にした不動産に大きな欠陥(瑕疵)が見つかった場合は、不動産の価値が大幅に下がります。その結果、融資をした金融機関にとって非常に大きな損害になります。

つまり、金融機関にとって、「不動産業者を入れない」選択は、売買契約書の不備・重要事項説明書がない(不動産に大きな瑕疵がある可能性がある)リスクを負う事と等しいです。

また、不動産取引に第三者の不動産業者が入る事で、不正な借り入れが抑制されます。住宅ローンは他の金融商品よりも金利が圧倒的に低いので、同じローンを受けるであれば、住宅ローンを利用してお金を借りる方がお得です。

しかし、金融機関は住宅の購入以外の目的でお金を貸しませんので、住宅の売買に見せかけて借入を考える方や、売買代金を水増しして低い金利でお金を借りようとする方も世の中にはいます。

以上のことから、不動産業者が入らない場合の住宅ローンの審査は、より慎重になります。そして、その結果、融資を許可しないケースがほとんど。個人での住宅ローン利用は非常に困難であるとご理解ください。

当社では個人間売買時も住宅ローンをご利用いただけます。

当社では個人間売買の際に融資を受けたい方向けに、重要事項説明書の作成も含んだ「おまかせ仲介プラン」もご用意しています。

こちらのプランは仲介としてお取り扱いいたしますが、一般的な仲介に比べ、格安の手数料にてご提供している自信のサービスです。住宅ローンをご利用したい・銀行から融資を断られてしまった場合は是非ご相談くださいませ。

住宅ローン審査に必要。重要事項説明書の作成が可能なプランはこちら

Eプラン
おまかせ仲介プラン(住宅ローンご利用可)

売買取引の値付けなどお気軽にお伺いください。個人間の不動産売買のご相談はこちらから

離婚に伴う売買を、住宅ローンの利用で実現できた神奈川県・Y様のケース

当社には住宅ローンが利用できず、お困りの方からのご相談が非常に多く寄せられます。神奈川県にお住まいのY様も、そのお一人でした。

Y様はご主人の事業の悪化が原因で離婚が決定。ご結婚時にご主人名義で購入したマンションにお住まいでしたので、小学生のお子様に環境の変化が起きないように、ご主人からY様へ個人売買を行い、Y様の収入で残債を支払うつもりでいました。

そこで、なじみの銀行へ住宅ローンの相談をしたところ、「融資の際は、必ず業者が間に入ることを条件にしている」と、ほぼ門前払い。日頃から、保険の相談などもしている銀行だったので、融通が利くのではないかと想定していたため、Y様にとっては青天の霹靂でした。

しかし、ある日、当サイトを見つけていただき、お問い合わせを頂戴しました。お話を伺ったところ、Y様は勤続年数も長く、融資にあたっては申し分ない状況でしたので、私共よりY様が当初ご相談された金融機関へ改めてご相談し、住宅ローンの審査を依頼。無事、融資の許可が下り、個人間売買が成立。また、仲介手数料は、ご主人に慰謝料の一部として全額ご負担いただきました。

「娘が独立するまでは、このマンションを守りたかったので、無事、住宅ローンの審査が通って良かったです。同じ銀行へ相談しているのに、審査結果がまったく違ったので、本当に驚きました。契約書も、私と娘の将来を据えた内容にしていただき、プロにお願いして良かったなと思っています。」との声を頂戴しました。

私共も、Y様親子の人生のお役に立てて、本当に良かったと思っております。


関連記事