Q.登記にはどれくらいの費用がかかりますか?

不動産の売買のケースによって利用する登記、その費用は異なります。

img_price01

登記の選び方は、たとえば「名義変更のみのケース」「住宅ローンを利用する際のケース」など、お客様のご状況により様々な選択方法が考えられます。また、それぞれの登記ごとに必要費用が異なります。

当社では、ご相談内容に応じて、登記内容や費用のご案内もいたしますので、まずはお気軽にお問合せください。ご相談料は無料です。

ご参考として、以下に登記例をご案内いたします。

所有権移転登記

中古建物、土地購入などで所有者を変更する際に利用します。所有権移転登記(名義変更)により、不動産の所有者を変更する時に使います 。

抵当権設定登記

融資を受ける際に利用します。借入金額や債権者・債務者等債権関係の登記を行う時に選択します。

土地分筆登記

土地を分割 (分筆)した上で、部分的、あるいは範囲的に売買を行う際に利用します。たとえば、

という場合に使います 。

建物表題登記・所有権保存登記

登記上、記載されていない建物に対して、新規に登記を行う際に利用します。また、売買される不動産に建物があり、登記がなされていない建物に登記する時に使います。

まとめ

このように登記には様々な種類があります。今回ご案内した内容以外にも、様々な登記方法がございます。

また、お取引対象の土地や建物の評価額に応じ登記費用は変動し、実際に登記を担当する各業者様の報酬も会社により異なりますので、詳しくはお気軽にお問い合わせ下さいませ。


関連記事