賃貸物件の持主・借主間売買(住宅ローン利用可能)

当社の個人間売買サポートサービスなら、物件の持主様・借主様間の売買もベテランスタッフがしっかりとサポートいたします。

毎日、多く頂戴するご相談の中でも、特に「今、借りている家を持ち主様から買い取りたい」というご要望は非常に多くお寄せいただいている内容です。

当社は持主・借主間の売買も住宅ローンのご利用が可能です。

ご相談いただくお客様の中でも特にお困りになられている内容は、双方では売買について合意しているにも関わらず、銀行から融資が受けられず、話が止まってしまうということです。

しかしながら、当社へご相談いただければ、たとえ個人間売買であっても、住宅ローンのご利用が可能です。当社が銀行とお客様との間に立ち、住宅ローン審査~融資契約の締結までを責任をもって進めて参ります。(E・おまかせ仲介プランをご利用の場合)

賃貸物件の売買時に起きやすいお困りごと

住宅ローンが利用できない。

高額な手数料が払えない。

専門的な書類作成や調査を行いたいが、自分たちでは出来ない。

上記のようなお悩みについても、当社が間に入ることですべて円滑に進めることが可能です。

私たちがご提供する業務内容

1.不動産売買契約書の作成(A―Eプラン

不動産売買契約書の作成を行います。売主様・買主様、お二方が円満にご契約を結ばれ、今後も良い関係を保てるよう、あらゆるトラブルを未然に防ぐためのお手伝いをいたします。WEB上には無料でダウンロードできる契約書も見つかりますが、このような契約書は汎用性を重視しているため、トラブルが起きる可能性があります。プロの私たちはしっかりとヒアリングを実施し、今後お二方が安心して暮らし続けていけるよう、きめ細やかな内容を盛り込んだ契約書をご用意いたします。

2.住宅ローンの仲介(E・おまかせ仲介プラン

住宅ローンの仲介人として、金融機関とお客様との間に立ち、不動産業者だけが作成できる重要事項説明書をご用意いたします。

住宅ローンをご利用する際の金融機関の選定から、利用サービスのアドバイスも担当いたします。もちろん、フラット35のご利用も可能です。

また、売主様に住宅ローンの残債がある場合も、どうぞご相談くださいませ。残債が売買代金を上回ってしまい金融機関に断られた。あるいは、手続き的に分からない等の場合でも当社が分かりやすくサポートいたします。当社が責任を持って売主様・買主様と金融機関の間に立ち、円滑に契約を締結できるよう、進めてまいります。

3.各種調査・書類作成代行(C~Eプラン

登記変更や各種調査について、あらゆるサポートをいたします。サポート内容はご利用プランによって、変わりますので、詳しくは各プランのご紹介ページもあわせてご覧くださいませ。

4.売買価格のアドバイス(A―Eプラン

売主様・買主様双方合意のうえで個人間売買を行うことが決まっていても、価格について話し合うのは心情的な面も含めて、難しいかと思います。その場合、価格の設定に関するアドバイスもぜひご相談ください。

相場や居住年数などを考慮して、プロの立場からアドバイス差し上げます。

ただし、こちらについては、当サービスをお申し込みが済まされたお客様に限ります。お問い合わせ時の査定はいたしかねます。予めご了承くださいませ。(詳しくはお問い合わせくださいませ。ご質問はどなたでも大歓迎いたします。)

5.その他、家主・借主間売買についてのご相談

家主・借主間売買については、いかなるご相談も承ります。ご質問だけでも結構です。専門のスタッフが専門用語は使わず、わかりやすい言葉でご説明いたしますので、どうぞご安心くださいませ。

メリット

不動産仲介で売買するよりも、手数料が大幅に抑えられます。

当社は物件価格に関わらず、一律の料金で承っていますので、従来の売買仲介に比べ、非常に格安な費用で不動産のお取引いただけます。

詳しい料金形態はこちらのページもあわせてご覧くださいませ。

なお、当社(神奈川県横浜市)より、遠方の場合は交通費・宿泊費・その他諸経費を別途ご請求する場合がございます。その際は事前に詳しくご案内いたしますので、どうぞご安心くださいませ。

住宅ローンをご利用いただけます。

個人間売買は通常、個人のお申し込みでは金融機関は融資を受け付けてもらえないケースがほとんどです。

しかし、当社のEプランをご利用いただければ、不動産業者である私たちが間に入ることによって、住宅ローンのご利用が可能になります。フラット35もお使いいただけますので、これまで払い続けてきた家賃感覚で、お住まいを購入することが可能になります。

Eプランは30万円(税別)。通常の売買仲介に比べ、驚きの安さを実現できました。

物件オーナー様・居住者様間売買のご相談事例

仲介業者から紹介された物件に、賃貸で住み続けてきたが、とても気に入っている。今後も引っ越すつもりはないが、現在の家賃を支払い続けるのはもったいないので持ち主から買い取りたい。持ち主からは了承をもらっている。

現在住んでいるマンションが気に入っているので、持ち主に売ってもらえないか相談したところ、承諾してもらえた。売買金額のアドバイスや、修繕積立金・管理費支払い状況を事前に調べて書面に残してもらいたい。

長年、借家で住み続けていた一戸建て住宅を土地ごとオーナー様から買い取りたい。購入にあたり、住宅ローンの利用を希望しているが、リフォームもしたいので、リフォーム分も融資を受けたい。

現在、貸しているタワーマンションの部屋を居住者に直接売却したい。高額物件なので、居住者は住宅ローンの利用を考えていたが、銀行から仲介業者を通してほしいと言われてしまった。そこで、言われたとおりに、仲介業者に相談したところ、一般的な手数料と同額が必要になると言われてしまった。当人同士で話がついているのに、「仲介」になることが釈然としないし、物件価格が高額なので、必然的に手数料が上がってしまう。物件を紹介されていないのに、仲介業者に高いお金は払いたくない。

海外転勤が決まり、一時的にマンションを貸し出していたが、この先も帰国の見込みが立たないため、口約束ではありますが、現在入居中の方へ売ることが決まりました。ただ、転勤にあたり、手続きごとを済ませる時間の余裕がないので、様々なことを代行してもらいたい。

親戚から一戸建て住宅を借りて暮らしているが、老朽化が目立つようになったので、家を買い取り、リフォームを行いたいが、その負担金はどちらが負担すべきかわからないので、アドバイスしてほしい。また、契約にあたって取り交わす親戚との約束事を書面で残してもらいたい。

元主人名義で購入したマンションに、離婚後は私が借りて子供と住み続けてきましたが、父が亡くなり遺産が入ったので、それを頭金として使い、買い取りたい。元主人も承諾してくれている。

妻の父が経営している法人名義で所有中のマンションを借りて、妻・子供と共に暮らしていますが、高齢の義父の意向で物件を安めの値段で譲り受けることになりました。ただ、義父とのやり取りになるとこちらも気を使って言いづらい内容もあるので、間に入って話を進めてもらいたい。

車のローンがあり、一定期間、住宅ローンが利用できなかったため、親族から一戸建てを借りて暮らしていましたが、ローンの支払いを終え、融資を受けられる見通しが立ったので、現在の家をこのまま買い取りたい。

自営業なので、住宅ローンが利用できず、広いファミリー向けの売買物件を家主から借りていたが、キャッシュが貯まったので、一括払いで現在の家を購入したい。家主からはすでに合意を得られているので、必要書類の作成や法務上の手続きについて、アドバイスしてほしい。

現在、賃貸で暮らしている売買向けマンションを、仲介を担当した業者からオーナーから買い取る旨を提案された。物件は気にいっているので、買ってもいいと思っているが、普通の仲介と変わらない手数料を請求されるそうなので、その点が納得いかない。部屋のオーナーは個人間売買でも構わないと言ってくれているので、書類作成や手続きごとの代行だけサポートしてほしい。

長年、賃貸物件として貸し出している部屋があり、居住者も毎回契約を更新してくれています。一方、修繕積立金も値上がり、また部屋の修繕費や固定資産税は自分持ちなので、年々収益率が下がってきている。そこで、居住者に買ってもらえないか交渉したところ、OKをもらえたので売買契約書の作成から、登記の手続きごとなどのすべてを代行してほしい。

賃貸物件の売買なら、お気軽にご相談くださいませ。

賃貸物件の売買について、いかなるご相談も歓迎いたします。ご質問だけでも結構です。不動産業界歴20年以上のベテランがお客様の疑問・不安点・ご質問をわかりやすい言葉で解消いたします。また、お客様のご要望について、実現可能な内容の場合は柔軟に対応してまいりますので、どのようなご希望もまずはお問い合わせくださいませ。


関連記事