当社のサービスはこのような方々に多くご利用いただいております。

お隣同士で不動産売買を行いたい

お隣同士で不動産取引をご希望される方は非常に多いです。たとえば、高齢の方がお住まいだったお宅を、お子様との同居のために売却を決断され、近隣へご挨拶まわりをされた際に「それなら、うちで買わせてもらえませんか」と交渉する場合などがあります。

隣の家を買い取り、ご自宅を拡張するケース、駐車スペースを設けるケース、お子様用に購入するケースetc.様々なケースがございます。

この時、仲介業者に間に入ってもらい、話を進めることも出来ますが、どうしても「仲介手数料」の用意が必要となり、100万円以上を納めなければいけない事が多いです。しかし、「仲介」を行っていないのに手数料を納めるのは非常にもったいない話ですよね。

そのような方のために、私達は「個人間売買」に特化したサービスをご用意し、お待ち申し上げております。

親御さんが所有の不動産を、お子様の新居用に売買したい

親子間売買の場合は、どうしても「子供に売るのだから、安くしてあげたい」と思われがちです。しかし、あまりに安すぎる価格を設定してしまうと、「譲与」と見なされ、贈与税の納付が必要になります。

当社では契約書作成など、各サポート商品をご利用の方に限り、不動産の値段設定のアドバイスも行っております。相場・取引面積・税金面など、様々な視点でアドバイスを差し上げ、安心取引を実現いたします。


1/11