不動産の親子間売買サポート


親子売買されたお客様から頂いたお電話越しの声が忘れられません。

「親が喜んでくれたことが、本当に嬉しい」

そう仰っていただき、このサポートを提供していて本当に良かった。心から思いました。

親子間売買は、個人間売買の中でも難しいお取引のひとつです。だからこそ、お客様の悩み・不安・苦しみが手に取るようにわかります。

ご安心ください。当社は、一般的に難しいとされる親子同士のお取引を手厚くサポートします。難しいご相談ほど、得意としている私たちだからこそ、お手伝いできることがあります。

お客様が抱えておられる住宅ローン問題にも向き合い、ご希望に少しでも近づけるよう、行動することをお約束。親子間売買時でも、住宅ローンを使ってご購入できるようにご協力いたします。

親子間売買の実現のために、不動産業界歴20年以上のベテランスタッフが全面サポート。ぜひおまかせください。

親子間売買の住宅ローンご利用が難しい理由

住宅ローンの審査は、銀行に対して信用問題をクリアにするための大切なステップです。中でも親子間売買は銀行側が慎重に扱うケースが多く、お取引理由を明確にする必要があります。

正直申し上げて、親子間売買は個人間売買の中でも特に難しい内容となります。その理由は、銀行から資金流用と見なされてしまう可能性があるからです。

親子間売買でローンを断られてしまう代表例

親子間の取引が断られてしまう理由

住宅ローンは国策で実施している金融商品であり、低金利かつ長期に渡って利用できるとても良心的なサービスです。

このような良いサービスを利用するためには様々な審査基準があり、承認が降りるものもあれば、降りないものもあるというわけです。

銀行各社は金融庁からの指導で、住宅ローンを利用するお客様を審査する義務があります。そのため、基本的にネガティブな理由による親子間売買を行うのは難しいと考えください。

ただし、場合によっては柔軟に対応していただける可能性も

これまでの説明の中で、いかに親子間売買が難しいか少しおわかりいただけたかと思います。しかし「絶対不可能なので諦めて下さい」というわけではございません。

なぜなら、私たちは様々な可能性があることを知っているからです。

当社では長年、個人間売買に特化してサポートを行ってまいりました。そのため、これまでの経験から「○○の場合はOK」「△△のケースは難しい」といった、判断基準を確立しております。

そして、従来では不可能だった親子間売買にも望みがあることを知っています。

実現に向けたハードルが高いことには変わりありませんが、可能性を探ることは諦めないでいただきたいと思っております。

親子間売買で重要なこと

当社へお問い合わせいただいたお客様にも、まずはこれらのことからお尋ねいたします。

私たちは難しい相談ほど得意としているプロ集団です

当社の方針として、一番やってはいけないこと。それは行動を起こさず、最初からあきらめてしまうことです。

しかし、不動産業界は実は保守的な側面があり、「難しいからやめよう」「面倒な取引は避けよう」といった意識がある業界です。

不動産業界は派手な印象があるかもしれません。しかし実際は、保守的で古いしきたりのある世界です。そのため、 特殊なお取引はできるだけ避けたいと思う傾向があります。

実際、すでに他社でご相談いただいたお客様の中には、冷たくあしらわれてしまった方ももいらっしゃるようです。

けれどもどうか、親子間売買を諦めることは絶対にやめてください。なぜなら、当社では親子間売買を実現した経験が多くあるからです。 不可能かと思われていた夢が一気に加速し、思いが現実化する可能性があります。

私たちは無料相談を受け付けていますので、まずは可能性を探るだけでも結構です。ぜひお問い合わせくださいませ。

親子間売買(住宅ローンご利用可)サポートの詳しい内容はこちらから
Eプラン
おまかせ仲介プラン(住宅ローンご利用可)

関連記事