事例のご紹介

マンションの個人間売買をしたいけど進め方がわからない

マンションの個人間売買をすることが決まった場合、具体的な取引はどのように進めれば良いかを解説します。物件価格を決めることは当然ですが、管理費・修繕積立金の支払い状況の確認や瑕疵担保責任の取り決めなど、調査をしっかりと行うことがトラブルなく進めるための大切なポイントとなっていきます。 → 詳しく読む

個人間売買が理由で銀行から住宅ローンを断られた

個人間売買での住宅ローンお申し込みを銀行から断られてしまっていたU様の事例をご紹介します。賃貸物件として居住中の一戸建てを持主様から買い取ろうと銀行に相談したところ、ほぼ門前払い状態に。しかし、当社にご相談いただいたことで一般的な仲介手数料と比べて大幅に安い費用で売買取引が実現。大変喜んでいただけました。 → 詳しく読む

兄弟名義で所有中の物件を知人に売りたい

相続されたご実家を亡くなられたお父様のお知り合いに売りたいというご子息様からのご依頼で知人間売買サポートをいたしました。また、築古物件だったため買主様のご希望により、水回りのリフォームのご相談もいただきました。 → 詳しく読む

家が建てられない土地でお困りだったケース

家を建てようと調査を始めたところ、所有中の土地が再建築不可だったE様の事例をご紹介いたします。E様はお隣の土地の一部を個人売買したことで、無事家を建てることが出来ました。弊社では契約書の作成を担当し、今後のトラブル防止に備えました。 → 詳しく読む

居住中の借地を地主様より買い取ったケース

長年借地に住んでいたS様。お子様のためにも、土地の買取をご希望され、地主様と個人売買契約を締結。契約書の作成は当社が担当し、双方非常に喜んでいただけた事例をご紹介します。借地居住者様・地主様間の個人間売買のご相談も【全国対応】です。 → 詳しく読む

離婚に伴い、マンションの持分を売買したケース

R様は現在のマンションに住み続けたい意向を持っておりましたが、奥様は住宅ローンをなくしてほしい考えです。R様と奥様でご希望が正反対でしたので、お二人の望みが叶う方法として、個人間売買をご提案させて頂きました。 → 詳しく読む

相続した空家を知人に売却したケース

N様はご両親の相続で土地と建物を所有されていましたが、長年未使用の状態でした。しかし、ご近所の方からのご希望で個人間売買をすることに。これからも良い関係を築いていきたいので、当社で契約書を作成いたしました。 → 詳しく読む

相続で得た不動産を親族間で売買したケース

相続時に相続人同士で個人売買を行うケースもあります。相続人であれば、兄弟や親子間がほとんどですので、お互いを知っているという面で仲介業者を利用しないことが多いでしょう。そうした場合でも、物件に合った契約書を作成する事は重要です。当社は契約書の作成を全国対応で行っています。 → 詳しく読む

相続で得た不動産を知人へ売却

相続で得た土地を、隣地にお住まいの方のお子様と個人間売買した事例をご紹介いたします。売主様は売買対象の土地から遠方地で暮らしているため各種手続きや調査が困難でしたが、当社が間に入ることで手厚いサポートを実現。滞りなく契約を結ぶことができました。 → 詳しく読む

隣の家同士で売買を行ったケース

お隣同士にお住まいのA様とB様。実はお互いの雨樋が越境していたりと、見た目上は敷地が曖昧になっている状態でした。現在の関係は良好ですが、将来、お子様同士が揉めてしまうような事態は招きたくありません。そこで、B様の住居の建て直しを機に、50cm分だけをA様に買い取ってもらうことに。当社では契約書作成・分筆登記・測量のサポートを担当いたしました。 → 詳しく読む

ご両親から土地を買うケース

ご両親の土地を買い、住宅を建てられたケース 個人売買を行うケースで親子間での売買も多くあります。特に使用していない空き地がある場合は、そこにお子さんが住宅を建てて暮らすこともあります。 ご両親から土地を借りて建てることも方法の1つですが、土地が借地となると自分の所有物ではないことによる不利益も考えられます。どち → 詳しく読む

相続を考慮した親子間売買のケース

将来の相続をふまえた親子間売買の事例をご紹介します。お父様であるT様がご同居中のお子様夫妻へ二世帯住宅を売却。もし、お父様が亡くなられても、お子様夫妻が引き続き同じ家に住み続けられるための備えを実現しました。 → 詳しく読む

自営業の悪化による親子間売買のケース

自営業の悪化によるご自宅の親子間売買の事例をご紹介します。住宅ローンの返済が滞り、競売目前の状態でしたが息子さんへ自宅を売却することで住宅ローンをすべて返済することができました。 → 詳しく読む