親子間売買で住宅ローンを断られました。融資を受ける方法はありませんか?

不動産の親子間売買をはじめ、親族間での住宅ローンのご利用は、さまざまな審査基準が設けられています。

正直申し上げて、親子間売買・親族間売買は個人同士の取引の中でとくに審査が厳しめです。ただし、経験豊富な私たちにご相談いただければ、お客様に合った解決方法をご提案できますので、まずは一度ご相談ください。

個人間売買に特化した当サービスだからこそご提案できる、確かな方法がございます。もちろん、法外な金利を請求するようなグレーなローンはご提案いたしません。一般的な金融機関を利用しますので、どうぞご安心くださいませ。

すでに銀行から断られているからと言って、諦めてしまう必要はございません。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。個人売買の経験豊富な担当者が最善の方法をご紹介いたします。

住宅ローン利用可!おまかせ仲介プランをすぐに見る

親子間売買でよくあるご相談

なぜ親子間売買は住宅ローンを組むのが難しいのですか?

親子間や親族間での不動産売買は銀行に相談しても、住宅ローンの審査に通りづらい代表的な不動産取引です。なぜ、こんなにも銀行は親子間売買をいやがるのでしょうか。

その理由は低金利である住宅ローンを悪用して、別の用途に使われる可能性があるからです。

たとえば、自営業の方が事業用に銀行からお金を借りるとします。この場合、銀行には「事業用融資」を申請するのが正しい取引です。

けれども不動産の親子間売買を装い、親に住宅ローンを組んでもらうことが出来たらどうなるでしょうか。表向きは不動産の取引が発生していますが、実際はお金に困ったお子様のために親御様が温情でローンを組んでいるかもしれません。親子ですから、どのような融通も利きやすいので、家に住まないことだって出来るのです。

このような事態を招いてしまうと、銀行は長期に渡って損害が発生してしまいますので、当然「親子間売買」には警戒します。

もちろん、お客様全員を怪しんでいるというわけではありません。けれども、銀行としては「親子間売買」をご希望された方は平等にお断りしているのが実情です。

参考:【住宅ローン】親族間売買ですが住宅ローンを利用できますか。【じぶん銀行】

親子間売買で利用する銀行ローンについて

親子間売買はご自身で銀行・金融機関にご相談されても、断られてしまうことがほとんどです。

通常、不動産売買は仲介業者が入ることで住宅ローンを使うことが出来るようになります。これは銀行に対して「この不動産取引は不当な内容ではありません」という証明をするために、不動産業者が介入する意味合いがあります。

また、その証明をするために、不動産業者だけが作成できる「重要事項説明書」という専門的な書類があり、住宅ローンの利用にあたっては、この「重要事項説明書」の提出が必須になります。

したがって、お客様ご自身で住宅ローンの申請を行っても、

という点で問題が生じ、融資が降りないというわけです。

しかし、当社の不動産個人間売買サポートでは、「おまかせ仲介プラン(Eプラン)」をご利用いただくことによって、従来の不動産仲介と同様に

という点がクリアになり、金融機関も安心して住宅ローンを提供できる仕組みになります。

現在、親子間売買で住宅ローンのご利用をご検討中であれば、まずは一度ご相談くださいませ。詳しいお手続き内容をわかりやすい言葉でご案内いたします。ご質問だけでも結構です。ぜひお問い合わせくださいませ。

住宅ローン利用可!おまかせ仲介プランはこちら

関連記事