個人間売買では物件価格はどのように決めれば良いですか?


賃貸で10年ほど住んでいるマンション(1LDK)を持ち主さんから直接購入する方向で話し合いをしています。ただ、価格設定の決め方がわからず困っています。

持ち主さんがマンションを購入した時の地価と、今の地価を比べると、現在の方が上昇していて、どちらを元にすれば良いのかわかりません。

私は正直、安い方が助かりますが、持ち主さんとは関係を今後も良い関係でいたいので、きちんとしておきたいです。個人間売買時のマンションの値付けはどのように設定すれば良いでしょうか。

また、御社にサポートをお願いした場合、持ち主さんへ価格設定の説明をしていただくことは可能でしょうか。

不動産価格は現在の地価を基準に設定する必要があります

不動産価格は、時代の移り変わりと共に相場が異なります。例えば、以前よりも周辺環境が改善されている場合は、地価も上昇する傾向があります。

そして、不動産売買を行う場面では、過去の地価は基準にはいたしません。そのため、お取引対象となるマンションのオーナー様がご購入された時の価格は全く反映されません。必ず現在の相場を基に価格設定をする必要があります。

「今の相場」とは、最近行われた近隣の売却事例が基準となります。直近の事例を基に物件価格を設定していきます。 ただし、 直近の売買事例は不動産業者に依頼する必要がございますので、この点はご注意くださいませ。

直近の売却事例は不動産業者でなければ、調べることはできないのですか?

近隣の事例や、過去の事例はおそらくWEBで調べても出てきません。もし、出てきたとしても、最近の事例ではない可能性があるため、正しい評価額ではないと思われます。

そのため、正確な取引事例を取り寄せるためには、不動産業者にお願いしなければなりません。

例えば、マンションの売却価格の事例を知りたいとしましょう。

その場合は、不動産業者なら同じマンションが「○年○月○日・△階□平米の部屋が、いくらで売れたのか」という事例を取り寄せることができます。

個人売買を行う時の価格設定は、この過去の事例を基に算出していくと良いでしょう。

もしも、過去の事例と取引をしたい物件の広さが異なる場合は、この過去の事例をもとに相応しい価格となるように、調整する必要があります。

持ち主さんへ物件価格の説明をしていただくことは可能でしょうか?

物件価格のアドバイスもいたします

当社の不動産個人間売買サポートでは、価格設定サポートも含まれています。持ち主さんへ過去の取引価格をご説明したい場合は、簡単な事例報告として情報共有させていただきます。

なお、売主買主様間のお取引価格の交渉などは当社のサポートには含まれておりません。ご本人様同士で行う必要がございます。予めご了承くださいませ。

いずれにおきましても、価格設定やその他個人間売買のお取引に関して、ご不明点などございましたら、いつでもお気軽にご相談下さい。

不動産の直接取引は、これまで行なったことが無い方がほとんどです。分からないことがあるのは当然ですので、どのような内容につきましても、ご遠慮なくお問い合わせくださいませ。個人売買の経験豊富な当社なら、きっとお役に立つと思います。

関連記事