売主様・買主様間のお約束事について

不動産の個人間売買における売主様・買主様間で契約前に確認しておきたいお約束ごとについてご紹介いたします。

個人間売買は事前の確認やお約束事を決めておかないと、トラブルを招きやすい取引です。不動産は大切な資産ですから「親族だから」「知人同士だから」という理由でルーズに取引を進めてしまうと法律上の問題や関係する親族にも影響するトラブルに発展する可能性が。

けれども、事前の準備さえしっかり行えばトラブルは回避できますので是非プロのサポートをご利用ください。当社にご相談いただければ、難しい専門用語は使わずわかりやすい説明を行い、安全なお取引を実現します。

居住中の賃貸物件をオーナーと個人間売買するメリット・デメリット

現在お住まいの賃貸物件を大家さんから買い取る場合のメリット・デメリットをご紹介します。個人間売買では居住中の賃貸物件を気に入り、そのまま購入に至るケースがありますが、その場合も事前に確認しておくべきポイントがあります。トラブルに発展しないよう、きちんと理解しておくようにしましょう。 → 詳しく読む

個人間売買では物件価格はどのように決めれば良いですか?

不動産の個人間売買時の物件価格の設定方法について解説します。不動産の価格は現在の相場を基準に算出する必要があります。また、あまりに安すぎる値付けをしてしまうと贈与税が発生する可能性が。ここではどのように価格設定をするべきかを専門家が解説します。 → 詳しく読む

連帯保証人と売買取引を行うことは出来ますか?

連帯保証人になられている方と不動産売買は可能です。親子・知人等どなたとでも問題ありません。ただし、贈与税対象になるケースもありますので、注意が必要です。当店では税金面も踏まえたサポートを行っていますのでご安心下さい。 → 詳しく読む

個人間売買の場合、連帯保証人を立てる必要は?

個人間売買時に連帯保証人を設ける義務はありません。保証人を立てたい場合はトラブルに巻き込まないためにも、不動産のプロが作成する契約書作が重要です。無料の雛型では役立たない可能性が高く、おすすめしません。私達は業界最安値級で売買契約書を作成します。 → 詳しく読む

知人に一定期間だけ賃貸で住んでもらい、気に入ったら買い取ってもらう事は出来ますか?

一定期間、「お試し」として知人の方に住んでいただき、その後、買い取ってもらう事はまったく問題ございません。ただし、賃貸と売買の二種類のお約束事が発生するため、賃貸契約を含めた双方の取り決めを事前に書面で残しておかれることをおすすめしております。家賃で支払った代金は売買時には差し引くか否かetc.事前にしっかりと決めておきましょう。 → 詳しく読む