仲介で売却中。中止して知人に売ることはできますか?

img_stop_01

現在、家を売り出し中ですが、中々買い手が見つからずにいました。それを知った知人が興味を持ってくれたので、売出中の価格より少し安めにして譲ろうかなと思っています。

このような場合、担当の仲介業者に依頼すればすぐに売却を中止することは出来るのでしょうか。

もし、今すぐ中止に出来るのならば、御社にお願いして住宅ローンのプランを利用したいなと思っています。どうぞよろしくお願いします。

A.不動産業社様と交わしている売却媒介契約の種類によります。

1.売却業社様と媒介契約期間内で、且つ専属専任媒介契約を結んでいる場合

このケースの場合は不動産業者に仲介してもらわない限り、知人様とは契約を結ぶ事ができません。

なぜなら、専属専任媒介契約は他の不動産業者に売却を依頼することを禁止しており、且つ他業者から見込み客を紹介してもらうことも契約として禁じられているからです。

つまり、専属専任媒介契約を結んでいる期間内は、たとえ知人の方であってもお取引は出来ません。

仲介業者にとっては、お客様と専属専任媒介契約を結んだことによって「物件の販売権を独占している」状態です。

もしも、ご自身の判断で勝手に直接契約しまった場合は契約内容の違約となり、仲介手数料分に該当する損害金、もしくは違約金の名目で請求が来る可能性が高いです。 くれぐれもご注意ください。

ただし、媒介契約の期限が切れている状態、あるいは期間満了後は知人様へ直接売却することが可能になります。

2.専任媒介・一般媒介で売却中の場合

知人様と個人売買の契約を締結する事は可能です。ただし念のため、売却契約されている内容をご確認いただくことをおすすめいたします。

不動産仲介業者は専門用語で説明している場合が多いです。そのため、お客様ご自身が深くご理解をしていないまま、なんらかの契約を締結している可能性もあります。

そのような場合はペナルティが発生するケースもありますので、くれぐれもご注意ください。

売却業者との契約内容の確認方法がわからない等の場合も、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。当社は一般的な不動産売買も行っておりますので、詳しくご案内することが出来ます。

業者と円満な関係を続けるためには知人を仲介してもらう方法も。ただし、高い手数料が必要になります

もしも、仲介業者に「売却を中止して、知人に直接売りたい」と言いづらい場合は、その業者に知人の方を仲介してもらうかたちにすることも一案です。

ただし、その場合は個人間売買ではなく一般的な売却仲介になるため、通常の売却と同様の手数料を支払う必要があります。

この方法だと、仲介業者にとってはお客様を探す手間が発生せずに手数料だけ得られるので、かえって喜んでもらえるかもしれません。

けれども、不動産の仲介手数料は決して安くありませんよね。

物件価格にもよりますが、100万円前後を支払うケースが多いです。そうなると、やはり個人間売買で知人の方とお取引をするのが賢明と言えるでしょう。

まずは仲介業者との現在の契約内容を確認するところから、ぜひスタートしてみてくださいね。

関連記事