仲介手数料を払う必要はありますか?

Q.個人間売買でも手数料を払わないといけませんか?

A.当社への手数料はご利用いただくプランによって変わりますが、従来の仲介手数料より大幅に抑えた価格になります。

img_fee01

当社は個人間売買という特性をふまえ、お客様がご希望されるサポート内容によって異なる手数料を設定しています。

もっとも安い「契約書作成プラン(Aプラン)は29,800円(税込価格:32,780円)にてご提供。住宅ローンをふくめた一番手厚いサポートをご提供する「おまかせ仲介プラン(Eプラン)」の場合でも30万円(税込価格:33万円)で従来の不動産仲介に比べ、大幅に抑えた手数料でご利用いただけます。

いずれも、売主様・買主様のご二方分の手数料となり、折半すればおひとり分は半額で済みます。

ただし、特殊なご相談内容やご希望されるサポート内容により、サポート工数が増加する関係上、オプション料金が発生するケースもございます。その際は事前に費用を開示のうえ、サポート内容をお伝えいたしますので「知らない間に費用が上乗せされていた」というような心配がはございません。どうぞご安心くださいませ。

すべてのサポート内容においては、一般的な不動産仲介の売買取引と変わる点はございません。唯一違う点は物件のご紹介をする or しないだけであり、契約書や重要事項説明書の作成内容・物件調査・売主買主様との調整内容はまったく同一の方法で進めてまいります。

融資申請の代行はオプション料金にてご利用いただけます

住宅ローンをご利用のうえ、個人間売買したいケースの場合、融資申請自体はお客様ご自身でも行っていただけます。しかし、銀行とのやり取りが不安な方や平日にお時間が取れない方など、様々な理由により当社に申請を代行してほしい場合はオプション料金にて対応可能です。

当社の個人間売買担当者が責任を持って銀行への打診や折衝等を行いますので、ストレスフリーの調整を実現いたします。

融資申請代行サービス・ご利用料金

30,000円 ~(税込価格:33,000円)~

各種専門家・士業の先生方と提携。ご希望のお客様に限り、オプション料金で更なる手厚いサポートをご提供します

売買取引の際は不動産業者以外にも様々な専門機関が協力し合い、物件のお引き渡しまでを行っています。

その際、各機関の利用料・手数料などが別途発生いたします。たとえば、登記を行う際、司法書士へ支払う「登記費用」が代表的な例です。

「それでは、気付かない間に請求額が膨らんでしまうのでは」「思っていたよりもお金がかかりそう…」と心配されたかもしれません。しかし、売買取引に紐付いた費用に関しては、事前に詳しくご案内いたしますので、どうぞご安心ください。

各種利用料・手数料例

当社が提携する各種専門家へのご依頼時に発生するオプション料金の一部です。具体的な料金はご希望内容を伺ったうえ、お見積りを差し上げます。

土地家屋調査士に各種作業を依頼する場合

ホームインスペクター(住宅診断士)へ物件調査依頼する場合

物件引き渡し後に当社提携業者でリフォームをご希望の場合

リフォーム業者をご紹介に関わる、当社への報酬は発生いたしません。

手数料の支払いに関しても売主様・買主様間でしっかりと確認を行いましょう

個人売買を行うことが決まったら、各種手数料のお支払いについて、事前に売主様・買主様間でお話し合いをされることをおすすめいたします。この場合も、当社が間に入り、契約書の内容として、記載することも可能ですので、ぜひご相談くださいませ。

関連記事