仲介手数料を払う必要はありますか?


Q.個人間売買でも手数料を払わないといけませんか?

A.各機関の利用料・手数料などが別途発生いたします。

img_fee01

売買取引の際は不動産業者以外にも様々な専門機関が協力し合い、物件のお引き渡しまでを行っています。

その際、各機関の利用料・手数料などが別途発生いたします。たとえば、登記を行う際、司法書士へ支払う「登記費用」が代表的な例です。

「それでは、気付かない間に請求額が膨らんでしまうのでは」「思っていたよりもお金がかかりそう…」と心配されたかもしれません。しかし、売買取引に紐付いた費用に関しては、事前に詳しくご案内いたしますので、どうぞご安心ください。

手数料の支払いに関しても売主様・買主様間でしっかりと確認を行いましょう

個人売買を行うことが決まったら、各種手数料のお支払いについて、事前に売主様・買主様間でお話し合いをされることをおすすめいたします。この場合も、当社が間に入り、契約書の内容として、記載することも可能ですので、ぜひご相談くださいませ。

各種利用料・手数料例

登記を専門家(司法書士)に依頼する場合

測量作業を専門家(測量士)へ依頼する場合

土地家屋調査士に各種作業を依頼する場合

関連記事