一軒家を個人売買時、建物に消費税は発生する?


A.売主が個人なら、建物に消費税は発生しません

img_taxforhouse_01

不動産取引は「建物だけ」に消費税が発生しますが、個人の方から買う場合は消費税は発生しません。

これは、一軒家に限らず、マンション・アパートも同様です。

個人所有の不動産取引は基本的に非課税になりますので、どうぞご安心くださいませ。

消費税が発生する建物は、売り主が事業者の場合のみ

消費税が発生する不動産は、売り主が事業者の場合のみ

建物に消費税がかかるケース。それは、売り主が前年度1,000万円以上の売上高があるビジネスの事業者の場合です。

たとえば、売り主が不動産業者の場合は、ほとんどが前年度1,000万円の売上がありますので、お客様は消費税を支払う義務が発生します。

そもそも消費税とは

消費税が発生する対象は「消費されるものか?消費されないものか?」の判断で分かれます。この「消費されるもの」の対象は物品とサービスです。大きく分けると

となります。

不動産の場合は建物が「物品」、仲介手数料が「サービス」に当てはまるため、それぞれに消費税が発生します。

土地は業者・個人問わず消費税対象にはなりません

土地は法人・個人名義問わず、すべての取引において消費税は発生しません。なぜなら、土地は「消費する」概念がないからです。

建物は消耗品ではありませんが、劣化を防ぐことはできません。そのため「消費するもの」として、捉えます。

しかし、土地は衰えることはないため「消費」には該当しません。

消費税は名前のとおり、消費するものに対して課せられる税金ですので、土地にはかからないというわけです。

当社の個人売買なら消費税+仲介手数料を節約できます!

ここまで不動産の個人間売買は、消費税が発生しないことをお伝えしてきました。

さらに、当社の個人間売買サポートをご利用いただくことで、従来の仲介手数料よりも大幅にお得な価格になります。

当社の個人間売買サポートサービスは「物件をご紹介する」ことをいたしませんので、仲介手数料を頂戴していません。

代わりにサポート費用を頂戴していますが、一番高いプランである住宅ローンご利用可「おまかせ仲介プラン」をお選びいただいても30万円(税別)でお引き受けいたします。従来の手数料に比べ、大幅な節約になりますね。

仲介手数料は業者によって請求額が異なりますが、仮に3%を請求されるとしましょう。すると、

消費税8%+仲介手数料3%=10%

もの費用を、建物価格とは別に用意する必要があり、お客様のご負担額は大きいです。

しかし、個人間売買なら、大幅削減可能!お得に不動産取引を実現できます。

個人売買サポートは、このような方におすすめします

コストは大幅カット!だけど、サービスは手厚くが私たちのモットーです

おトクに取引できる個人売買でも安心してお取引いただけるように、欲しいサービスだけをピックアップしてお選びいただけるようにいたしました。

このようなご要望を叶えるサービスを揃え、手厚くサポートをいたします。

「余計なお金は払いたくないけど、安心は欲しい」

このようなご要望をお持ちなら、私たちが必ずお役に立つことでしょう。不動産業界歴20年以上のベテランが、責任を持って全面サポートいたします。

ご質問だけでも大歓迎。みなさまからのご相談をお待ち申し上げております。

個人売買サポート・各プランはこちら

一軒家のお取引におすすめのプランはこちら

Aプラン
契約書作成プラン
Bプラン
契約サポートプラン
Dプラン
契約書類サポートプラン for 土地・戸建・建物
Eプラン
おまかせ仲介プラン(住宅ローンご利用可)

関連記事