Q.どのような時に測量は必要になりますか?

A.測量が必要なケースは様々です。詳しくはお問い合わせ下さいませ。

img_case01

測量を行う事で敷地の大きさや隣地との境界を確定できます。たとえ、個人間であっても、不動産の売買においては土地の測量が必要になることがありますので、その主な例をご紹介します。

お隣の方などに幅1mだけなど敷地の一部を譲る場合

不動産売買は法務局に登記されている土地や建物を売る・買うことを指します。その際、たとえ敷地の幅1mだけを売買しようとしても、そのままでは売買する部分は敷地と分かれて登記されておらず、敷地の境界を明確に分けられません。

そのため、測量を行った上で譲りたい土地の場所や面積を明確にすれば、法務局に登記できます。また、そうすることで、登記簿上で土地が2つに分ける事ができ、売買することが可能です。

売買する土地の面積が登記簿記載と大きく相違がある場合

売買しようとする土地が法務局の登記簿と内容が異なる場合があります。差異が小数点以下であれば大きな差は出てきませんが、「10平米、20平米…」と大きく異なってくると売買の価格にも影響が出てきます。都心部で坪単価が高いエリアであれば、大きく金額が変わってしまいます。

こうしたケースは、昔の測量技術によるものや境界杭が移動したなど何らかの理由で実際と登記簿の面積に差が出ています。近隣の土地を売買した時に実測と登記簿で面積が大きく違った事例があれば、近隣一帯がずれている可能性もありますので、注意が必要です。

売買する土地が農地の場合

売買する土地の地目が農地の場合、昔から農地としてあった土地で測量を行った記録がないケースも多いです。そのまま売買を行うと、法務局の登記簿と大きく面積が異なる可能性もありますので、測量を行って敷地を確定します。

また、農地のままでは住宅等を建設する事ができませんので、建物を建設する場合には宅地に地目変更を行う必要があります。

契約書に記載する面積が不明で、法務局に地積測量図がない場合

土地の面積が不明で法務局にも地積測量図がない土地を売買する場合、測量を実施する必要があります。

法務局にある測量図が古く、残地計算になっていて、正確な面積が不明な場合

残地計算は1つの敷地を2つに分筆して登記する時、片方の土地だけを測量し、もう1つの土地の面積は全体の面積から測量した面積を引くことで導きだします。現在はこのような方法は行われていませんが、昔の残地計算で導かれた土地の場合、法務局の測量図にも誤差が多く正確な面積が不明です。

こうした場合は事前に測量を行い、正確な面積で売買を行う事で後々のトラブルを回避する事ができます。

将来的なトラブルを回避する為に境界杭(標)を新たに設けたい。杭(標)を新設する、部分的に消失した境界杭(標)を復旧したい場合

法務局に地積測量図が保存されている場合でも、現地に隣地との境界を示す境界杭がないこともあります。

ブロック塀の工事やアスファルトの工事などで抜き取られたり、アスファルトで覆い隠されてしまったりすることもあるようです。境界杭がないと現地で隣りとの境界が曖昧になってしまい、気がついたらお隣に越境して物置を建てていた、ということも考えられます。

将来的なトラブルを回避するためにも、境界杭が見当たらない場合は測量を行って境界を明確にすることが適切です。

登記簿記載の面積が正しいのか確認を行いたい場合

法務局にある図面や登記簿が必ずしも正しいとは限りません。六本木ヒルズの建設では、400人の土地買収を行う際に法務局の公図と現状が合わず、土地の買収を行うのに年単位で時間が必要でした。

売買する時には土地の面積が異なれば価格にも影響します。登記簿の面積と実際の面積が正しいか確認するには、土地の測量が唯一の方法となります。

測量サポートが可能なプランはこちら

Bプラン
契約サポートプラン
Dプラン
契約書類サポートプラン for 土地・戸建・建物
Eプラン
おまかせ仲介プラン(住宅ローンご利用可)

関連記事