兄弟名義で所有中の物件を知人に売りたい

相続物件の個人売買(神奈川県藤沢市M様)

M様からのご相談はご兄弟名義の一戸建て住宅を、お父様のお知り合いに売りたいというご相談でした。

お取引対象の物件お父様より相続されたご実家です。

ご兄弟お二人とも既にご結婚され、別の地域で家を所有されていたことから相続したご実家は3年ほど空き家状態でした。

将来的に売却や賃貸住宅として貸し出すことも考えていましたが、ご兄弟とも離れて暮らしていること、そしてご実家も別の地域であることから、どの業者に頼めばいいかわからないことで行動に移すことができず、月日だけが経過していきました。

空き家問題に直面したことで個人間売買を行うことに

空き家とはいえども、定期的な清掃や庭木の手入れなどをしなければ、衛生面に問題が起き、また庭木についても落ち葉などがご近所迷惑になる可能性も。加えて、このまま放置しておけば事件や火事が起きることも考えられます。

M様の場合は、ご兄弟ともにご実家から遠く離れた場所で暮らしていることから、頻繁に実家に足を運ぶことができません。そのため、専門業者にメンテナンスの代行を依頼。その結果、年間にかかるコストが悩みの種でした。

そのようなお困りごとをご近所の方に話されていたところ、お父様の知人が購入の意思を示してきたことに伴い、個人売買を行うことが決まりました。

買主となる知人の方は住宅ローンを使ったご購入をご希望されていたため、当社の個人間売買サポートの「おまかせ仲介プラン」にお申込みいただきました。

亡くなられたお父様のお知り合いとのお取り引きだからこそ、今後も良いお付き合いを保ちたい。そんな想いを胸に当社にご相談いただいたそうです。

住宅ローンのサポートと不動産売買契約書を作成しました

M様へのサポート内容は売買価格の設定・ 各種物件調査・融資申請をする金融機関の選定アドバイス・住宅ローンをご提供いただく銀行との調整・重要事項説明書の作成・名義変更のお手続きなど、一般的な不動産仲介での売買とまったく同じ内容で実施いたしました。

専門家が作成する不動産売買契約書で信頼感アップ

住宅ローンをご希望されるお客様としては当社のサポート内容において、最も評価いただける内容のひとつです。

しかし私たち専門家の視点は重要事項説明書に限らず、不動産売買契約書も非常に大切な書類のひとつだと考えます。

今回のM様の場合、すでにお父様が亡くなられていることからご購入当時の資料などが十分に揃えられなかったため、一部の調査は専門機関に依頼して建物の現況に関することを調べていただきました。 (外部の調査機関への依頼はおまかせ仲介プランのご利用料金のほか、オプション料金にて対応可能です)

その調査結果をふまえた内容を不動産売買契約書にしっかりと落とし込むことで、今回ご購入されたお父様のお知り合いに対しても安心感を与えられ、双方にとって気持ちの良い取引ができたと大変喜んでいただけました。

この契約書には専門機関からの調査結果のほか、お父様が亡くなられてから売買成立時までご兄弟がメンテナンスをされてきた内容も反映されており、これまでどのようなお手入れをされてきたかを資料として揃えることができました。

このように過去の履歴を開示することは、売主様・買主様双方にとって非常に重要で将来的なトラブルを防ぐことができます。

個人間売買の全面的なサポートに加え、リフォームのご相談も承りました。

お取引対象の物件は築年数が40年近くになっていたため、買主様のご希望でキッチン・お風呂・トイレの水回りのみリフォームを実施いたしました。

私たちは不動産仲介業者としてスタートした企業ですので、ご希望されるお客様には誠実にお取引いただけるリフォーム業者をご紹介することが可能です。

今回のケースは買主様へリフォーム業者をご紹介すると同時に施工についてのアドバイスも差し上げました。買主様は漠然としたイメージでリフォームを考えられていたため、具体的にどのような点を踏まえて商品選びをすればいいか、また将来的なメリット・デメリットなども含めてご提案いたしました。

このようにご契約についてはもちろん、お取り引きいただく物件についての各種ご相談も承っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

知人間売買のその他取引事例

会社の先輩が転職が決まり、海外赴任することになりました。先輩が引越し後、私が入居しようと思っていますが、知人同士なのでなるべくコストを抑えて売買をしたいと思っています。 先輩が引っ越すまではまだ少し時間がありますが、直前に契約をするよりも早めに売買契約をしておいた方が安心かと思いご相談させて頂きたく思っています。また、多少の頭金はありますが、住宅ローンを利用したいのでサポートをお願いします。

隣の家がお引越しをされるとのことで、家を買わないかと話を持ちかけられました。現在住んでいる家が再建築不可の物件なので、この家を解体して隣の家の土地と合わせて新たな家を建て直したいと思っています。 ただ解体費用のイメージも沸きませんし、 お隣とのやり取りでトラブルも招きたくありません。 どういった点を踏まえてこの話を進めればいいのかさえ、分からないことが多いので相談に乗っていただきたいです。

個人間売買のトータルサポートが可能なプランはこちら

Eプラン
おまかせ仲介プラン(住宅ローンご利用可)

関連記事