自営業の悪化による親子間売買のケース

こちらは、自営業を行っていたご夫婦からのご相談です。経営中の会社は、以前は売上が大きくあり、比較的ゆとりのある生活を送られていました。そのためお子さんのためを思って、大きな一軒家を購入。しあわせな毎日をお過ごしでした。

けれどもリーマンショックや不景気の影響によって、経営が一気に厳しい状況に。社内ではリストラや経費削減を進めてきましたが、だんだんとローンの返済もできず路頭に迷っていました。

けれども、夫婦でどんな困難でも乗り切ってきましたし、今回も頑張れば何とかなると信じていました。そして何より、お金の事で息子や親戚、まわりの人には絶対に迷惑をかけたくないという強い思いもあったことから、誰にも相談できない状態だったそうです。

競売目前で親子間売買を決意

しかし、滞納が続くようになると債権者から「住宅を競売にかける」と言う話まで出てきて、もう自力ではどうしようもないと覚悟を決めたそうです。

ここまで追いつめられた状況となり、ご夫婦はようやく息子さんに相談することになりました。幸いな事に息子さんは資産をお持ちの方でしたので、ご両親が滞納している住宅ローンを支払うことにしました。

また、滞納分を肩代わりするだけではローンが残り、その返済の負担がご両親の生活を圧迫するのではないかと考え、息子さんは住宅ローンを一括で返済することになりました。

流れとしては、親子で個人売買を行ってご両親から息子さんへ自宅を売却。そして、住宅ローンも全て返済することにしました。

当社は個人間売買向けの契約書作成~引き渡しスケジュールのご提案をいたしました

img_case01_02

もちろん親子間での売買なので、今回は仲介業者を使いませんでしたが、私たちが契約書を作成したりやスケジュールのご相談を受け、最善の方法を模索する支援をさせて頂きました。

今では、息子さんがご両親に住宅を貸す事で、ご両親がそのまま住み続けることが可能になりました。ご両親も住み慣れた家で安心して暮らす事ができ、息子さんも親孝行できたことに満足しているようです。

私たちも契約書の作成からお引き渡しのスケジュールのご提案のご相談を通じて、お客様が喜んで頂けたことが大変嬉しいです。

契約書作成が可能な個人間売買サポートはこちら

Aプラン
契約書作成プラン
Bプラン
契約サポートプラン
Cプラン
契約書類サポートプラン for マンション
Dプラン
契約書類サポートプラン for 土地・戸建・建物
Eプラン
おまかせ仲介プラン(住宅ローンご利用可)

関連記事