Zoomで不動産個人間売買の相談はできますか?

はい。当社へご相談場合、不動産の個人間売買に関するご相談はZoomでも承ります。

当社ではオンラインでの不動産個人間売買サポートのご相談を積極的に行っています。コロナの影響もあり、対面でのご相談を懸念される方も増えておりますが、そのようなお客様からのご相談もZoomを活用して承っています。

まずはLINE無料相談問い合わせフォームより一度ご連絡くださいませ。Zoomでのご相談に関するご案内を差し上げます。

個人間不動産売買のZoom相談はこのような方におすすめです

不動産個人間売買サポート・Zoomご相談の流れ

Zoomご相談の流れをご紹介します。Zoomでのご相談は事前にご相談日を調整のうえ、実施いたします。まずは一度ご連絡くださいませ。

個人間売買・Zoomご相談時に必要なもの

不動産の個人間売買・Zoomご相談のご注意点

Zoomご利用時の通信料金について

Zoomご相談時に発生するお客様ご利用環境下での通信料金は自己負担でお願いをしています。

Zoomでのご相談はインターネット回線を利用してビデオ通話を行うため、ニュースサイトなど文字中心のWebサイト閲覧時よりも通信量が大きくなります。また、これに伴い携帯電話のインターネット接続の場合はご利用料金の増加やトラフィック制限がかかってしまう可能性もある旨、ご注意ください。

つきましては、Zoomご相談時はWifi環境でのご利用をおすすめ致します。

もし、ご利用料金に不安がある場合はお客様専用フリーダイヤル0120-97-2139・もしくはLINE無料相談のご利用も合わせてご検討くださいませ。

Zoomの操作に関して

Zoom相談に関するアカウント登録・アプリケーションの設定方法・通信設定など、操作に関わるすべてのサポートは承っておりません。

つきましてはご相談前にテストなど行い、Zoom操作に十分に慣れたうえでのご利用をお願いしております。ご協力のほど、何卒よろしくお願い致します。

IT重要事項説明がスタート!住宅ローン利用時に必須の重要事項説明がWeb上で可能になりました

2021年3月より、住宅ローンを用いた不動産取引時に義務付けられている「重要事項説明」がZoomなどWebカメラシステムを使って行えるようになりました。

従来、私たち不動産業者は住宅ローンご希望のお客様には対面での重要事項説明が義務付けられていましたが、今回の改訂によって直接お会いしなくても実施可能に。withコロナ時代の昨今においては、安全もご提供できます。

重要事項説明とは?

宅地建物取引業法では、売買契約を締結するまでの間に、不動産会社は、購入予定者に対して購入物件にかかわる重要事項の説明をしなければならないと定めています。重要事項説明は、宅地建物取引士が、内容を記載した書面に記名押印し、その書面を交付した上で、口頭で説明を行わなければなりません。

全日本不動産協会「重要事項説明のチェックポイント」より引用

これまで不動産個人間売買サポートPROでは住宅ローンをご希望され、当社から遠方の地域にお住まいのお客様には対面でのご説明が必須である以上、交通費をご負担いただいていました。

しかし、今回のIT重要事項説明のスタートによって交通費もご負担いただかずに取引可能に。お客様にとっても大変メリットの大きい法改正だと言えます。(対面での重要事項説明をご希望の場合は、従来どおり交通費分のご負担をお願いしています)

不動産の売買取引において、テレビ会議等のITを活用したオンラインによる重要事項説明(以下「IT重説」という。)の本格運用を令和3年3月30日より開始することとしましたのでお知らせします。
引用元:国土交通省:不動産の売買取引に係る「オンラインによる重要事項説明」(IT重説) の本格運用について~令和3年3月30日より開始します~

当社ではお客様のご要望には柔軟にお応えできるよう、最大限努力することをモットーとしています。全国でも数少ない個人間売買に特化したサービスを提供している企業として、多くの皆様のお役に立ちたい所存です。是非どのようなご希望もご遠慮なくお申し付けくださいませ。

関連記事