住宅ローンについて

銀行用に作成する書類について詳しく教えてください

不動産の個人間売買時に住宅ローンを利用するにあたり、不動産売買の契約書・登記簿謄本・重要事項説明書の書類が必要になります。これらのうち、重要事項説明書は不動産仲介業者だけが作成できる特別な書類となります。発行には時間を要しますので余裕を持って進めていくようにしましょう。 → 詳しく読む

個人間売買では契約・住宅ローンの締結までどれくらい時間がかかりますか。

個人間売買のお引渡しまで要する時間はお取引する物件やご相談内容によって異なります。スムーズに進行できた場合、初回お問い合わせから契約・住宅ローンのお申込み・所有権移転・残金決済まで最短でおおよそ1ヶ月から2ヶ月が目安となります。 → 詳しく読む

建物解体費+土地購入費+住宅建築費を合算して住宅ローンを組むことはできますか?

建物解体費+土地購入費+住宅建築費のすべてを合算して、住宅ローンを組むことは可能です。ただし、審査を依頼する前に必要な書類がありますので、時間に余裕を持って必ず用意するようにしましょう。各書類について詳しく解説していきます。 → 詳しく読む

個人売買でも全額を住宅ローンで組むことはできますか?

不動産の個人間売買時に頭金が用意できない場合やリフォーム代も含めた融資をご希望される場合、総額を住宅ローンで借り入れできるのでしょうか。それは物件の特徴や買主様の勤務歴などの条件次第となります。また、売主様にも書類のご用意をご協力いただくこともあります。 → 詳しく読む

親子間売買で住宅ローンを断られました。融資を受ける方法はありませんか?

当社なら親子間売買でも住宅ローンのご利用が可能です。もちろん、法外な金利を請求するようなグレーなローンではございません。一般的な銀行・金融機関を利用する方法です。まずはお問い合わせ下さいませ。【全国対応】 → 詳しく読む

住宅ローンの残債があります。個人間売買は可能?

住宅ローンの残債があっても、お手続きを行うことで個人売買は可能です。また、売買契約時に、買主様が融資を受けたい場合も、当社は格安手数料でローンのご提供が可能です。【全国対応】神奈川県知事(4)第23443号 → 詳しく読む

個人間売買でも住宅ローンを組めますか?

当社は個人間売買でも住宅ローンのご利用OK!すでに銀行から融資を断られてしまった方も是非ご相談ください。重要事項説明書・説明を行い、個人同士の不動産売買も仲介同様の契約を結ぶことができます。【全国対応】 → 詳しく読む

個人売買の際、住宅ローン控除は適用されますか?

個人間売買の際、住宅ローン控除は適用されますか?

個人間売買であっても、住宅ローン控除が適用になるケースが多いです。しかし、住宅ローンそのものは、不動産業者が間に入らない限り、利用できないことが大半ですので、ご注意ください。当社では住宅ローンをご利用希望のお客様のための特別プランをご用意しています。 → 詳しく読む

不動産の個人売買で住宅ローンの審査に落ちました。どうすればいいですか?

個人間売買することが決定し、代金を住宅ローンを利用して返済しようと銀行へ相談しても、個人のお客様の場合は断られてしまうケースがほとんどです。当社では、お客様と金融機関の間に立ち、たとえ個人同士であっても、住宅ローンをご利用いただけるよう、必要書類の作成と立ち会いを実施しています。 → 詳しく読む

個人売買にフラット35は使えますか?

当社では個人売買でフラット35のご利用を希望される方のために「おまかせ仲介プラン」をご用意しております。重要事項説明書の作成・説明も含め、行いますので、フラット35をご希望の方は是非ご相談下さいませ。【全国対応】 → 詳しく読む