住宅ローンについて

銀行向けへ作成する書類について詳しく教えてください

個人間売買時に住宅ローンをご希望されるお客様方のために、従来の不動産仲介同様の書類をすべてお渡しいたします。 書類の内容は、もともと不動産仲介業からスタートした当社が今も仲介の現場で使用している書式と同様となります。また、不動産業者である私たちが間に入り、専門の書類をご用意することで、銀行の皆様も安心してお受け取りいただけます。どうぞご安心くださいませ。
→ 詳しく読む

個人間売買では契約・住宅ローンの締結までどれくらい時間がかかりますか。

個人間売買のお引渡しまで要する時間は、お取引する物件やご相談内容によって異なります。問題なくスムーズに進行できた場合は、お問い合わせから契約・住宅ローンのお申込み・所有権移転・残金決済まで最短でおおよそ1ヶ月から2ヶ月を目安にしていただければと思います。 → 詳しく読む

購入費用+建築費用+解体費用を合算して住宅ローンを組むことはできますか?

隣の家から土地を買わないかという話があり、前向きに検討しています。今の家は狭く古いため、敷地を拡張して広めの家へ建て直せないかと思っています。この時、土地の購入代+建築費用+今の家の解体費用を合算して、ローンを組むことはできるのでしょうか。
→ 詳しく読む

個人売買でも全額を住宅ローンで組むことはできますか?

父の知り合いから家+土地の直接購入を検討しています。ただ、自己資金がないので、住宅ローンを使わないと買えません。御社にお願いする場合は、住宅ローンの選び方のアドバイスや紹介もしていただけるのでしょうか。また、最終的にお支払いする料金はいくら程になるのでしょうか。 → 詳しく読む

親子売買で住宅ローンを断られました。ローンを組む方法はありませんか?

親子間売買でも当サービスだからこそご提案できる、確かな方法がございます。もちろん、法外な金利を請求するようなグレーなローンではございません。一般的な金融機関を利用した解決方法ですので、どうぞご安心くださいませ。 → 詳しく読む

住宅ローンの残債があります。個人間売買は可能?

住宅ローンの残債があっても、お手続きを行うことで個人売買は可能です。銀行への確認事項など、様々なポイントは当社よりアドバイス致します。また、売買契約時に、買主様が融資を受けたい場合も、当社は格安手数料でローンのご提供が可能です。 → 詳しく読む

個人間売買でも住宅ローンを組めますか?

当社は個人間売買でも住宅ローンのご利用OK!すでに銀行から融資を断られてしまった方も是非ご相談ください。重要事項説明書・説明を行い、個人同士の不動産売買も仲介同様の契約を結ぶことができます。【全国対応】 → 詳しく読む

個人売買の際、住宅ローン控除は適用されますか?

個人間売買の際、住宅ローン控除は適用されますか?

個人間売買であっても、住宅ローン控除が適用になるケースが多いです。しかし、住宅ローンそのものは、不動産業者が間に入らない限り、利用できないことが大半ですので、ご注意ください。当社では住宅ローンをご利用希望のお客様のための特別プランをご用意しています。 → 詳しく読む

住宅ローンの審査を断られた

一戸建て・マンション・土地などを個人間売買することが決定し、代金を住宅ローンを利用して返済しようと銀行へ相談しても、個人のお客様の場合は断られてしまうケースがほとんどです。当社では、お客様と金融機関の間に立ち、たとえ個人同士であっても、住宅ローンをご利用いただけるよう、必要書類の作成と立ち会いを実施しています。 → 詳しく読む

個人売買にフラット35は使えますか?

フラット35は人気が高く、ご希望されるお客様が多いです。しかし、通常、個人間売買で不動産を売買する場合はフラット35はもちろん、住宅ローン全般、ご利用できないケースがほとんどです。そこで、当社は個人間売買のお客様向けに「おまかせ仲介プラン」をご用意し、フラット35をご利用いただけるシステムをご提供中。金融機関との打合せなども、すべて当社で行いますので安心です。 → 詳しく読む

1/11